当サイトについて!

お得なインターネット銀行を比較!金利が高いSBIネット銀行、人気の新生銀行、大勢が参加するイーバンク、法人が活用するジャパンネット銀行など

■ 住信SBIネット銀行の魅力とは?
ネット銀行を活用するなら、まず考えるのが「住信SBIネット銀行」 と言うほど、金利・手数料・サービスバランスが高水準のネット銀行です。

サービス内容には銀行としての一通りのサービスがあり、 中でも普通預金と1年以上の定期金利は高水準を維持し続けています。

預金に関しては口座開設の必要はありますが、 「SBI ハイブリッド預金口座」を利用する事で 100万円未満なら0.1%、100万円以上なら0.05%の普通預金の 金利優遇を受ける事が出来るので、利用したい所です。

>> 住信SBIネット銀行の詳しい内容についてはコチラから

人気のネットバンクランキング一覧

1位、高金利で人気急上昇!!住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
住信SBIネットバンクは住友信託銀行とSBIホールディングスによるネット対応銀行でその信頼性と利便性はネットバンクでもNo1。セブン銀行・ゆうちょ銀行のATMが何回でも無料で利用できるのも高ポイント。・・・無料の口座開設はコチラ
2位、提携ATMからの入出金は実質完全無料!!新生銀行
新生銀行
大手都市銀行からの出金が可能で、提携ATMからの入出金が無料なのは強みです。短期の定期預金金利も高く、投資や運用を考える方はオススメのネットバンクです。・・・ 無料の口座開設はコチラ
3位、対応ATMはネットバンクトップクラス!!ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
入出金に対応するATM数はネットバンクでもトップクラス。借り入れおまとめローンや目的別、フリーローンなどキャッシング面で独自のサービスを持っているネットバンクで個人口座と同様の条件で利用できる法人口座も人気。・・・ 無料の口座開設はコチラ
4位、ネット専業銀行のパイオニア スルガ銀行ネットバンク支店
スルガ銀行ネットバンク支店
スルガ銀行ネットバンク支店は海外送金や受け取りなど外貨の取り扱いに強く、トラベラーズチェックや外貨の購入を電話一本で購入する事ができるので海外旅行に便利。利用額に応じたキャッシュバックがあるデビットカードも人気・・・ 無料の口座開設はコチラ

銀行員に感じているイメージ

私たちは、お給料の振り込みだったり、家賃や光熱費の引き落としだったり、貯金だったり融資だったりと、何らかのかたちで銀行などの金融機関にお世話になっていますよね。
みなさんは、銀行員に対してどのようなイメージをお持ちでいらっしゃいますか?いいイメージでしょうか?それともあまり良くないイメージでしょうか?

そういう私はどうなのかと言いますと、銀行に行く必要が生じるときと言えば、たいていの場合はお給料の引き出しとか、振り込みとかばかりということもあって、ATMぐらいしかほとんど利用していませんし、インターネットバンキングという手を使うこともできますし、融資とかローンとかにも今のところ縁がないということもあって、銀行員と直接接する機会というのは、口座を新規に開くときぐらいしかないんですよね。

ですから、銀行員に対してこれといったイメージがはっきり言ってあまり思い浮かばないんです。つまり、個人的には特に良いイメージを持っているわけでもなければ、良くないイメージを持っているわけでもないといった感じでしょうか。
よくわからない世界だし、考えたこともないとでも言ったほうがいいのかもしれませんけれども。

そういうこともあってか、ドラマとかニュースとか、誰かから聞いたこととかで何となくつくっているイメージもあるように思えるんですよ。
たとえば、「半沢直樹」のようなドラマを見たら、ドラマだとは頭ではわかっていても、銀行員ってこういう世界で働いているんだと思ってしまいますし、銀行で発生した不祥事のニュースを見たときとかだったら、銀行に対して不信感を抱いてしまいますし、会社を経営している人から銀行に対する悪口を聞くと、弱い人間の足下を見た商売を行っている人たちだというイメージを持ってしまうといった具合でしょうか。

このようなイメージというのは、あくまでも銀行そのものに対するイメージだとは思うんですけれども、そのイメージが銀行で働いている銀行員にも影響してしまうように感じているんですよね。
中には、世の中のためと思って一生懸命マジメに頑張って働いている銀行員もいるとは思うんですけれども、銀行全体に対するイメージがどうしても先行してしまうのかもしれませんよね。そう考えると、イメージって怖いですよね。

非常に便利な電子マネーID

私が、普段から使用している電子マネーは、3種類あります。
楽天edy、nanaco、IDの携帯に入る電子マネーです。
楽天edy、nanacoについては、現金をコンビニなどに設置してある端末もしくは、
レジにて入金し、使用出来る仕組みです。
自分で、お金を入金し、入金額だけお金を使用する事が出来、不要な商品を購入することなく、
無駄使いを減らす事が出来ます。
また、小銭入れがなくてもスピーディーな支払いが可能ですし、購入する度にポイントが自動で付加され、
溜まったポンイトを現金化出来ます。
常時、携帯に入っていますので、お財布を鞄から取り出す手間もなく、便利です。
上記の2種類の電子マネーの他に、一番利用しやすい電子マネーは、IDというものです。
これは、NTTドコモと業務連携しており、時折、ドコモポイントを稼ぎ集めるのに非常に便利です。
ドコモが提供しているクーポンと組み合わせて使用しますと、大量のポイントを稼ぐ事が出来ます。
最近、このIDを使用出来るお店が増えてきて、お買い物の幅が増えて非常に便利よく使用しています。
このIDの最大の特徴は、簡易的なクレジット機能を持っており、使用上限を設定出来、
支払いは銀行引き落としの一括支払いとなっています。
細かい金額の商品を無意識に購入しても、使用上限を超えて使用する事が出来ませんので、
お金の使い過ぎを防止する事が出来ます。
また、簡易クレジット機能ですので、月の初めに自動的に使用金額枠がリセットされ、
使用限度金額までの利用が出来ます。