ネット定期と財産

ネット定期を利用している場合、その中に入っているお金は当然のようにその人の財産になります。ということは、万一ネット定期を運用している期間中にその人が亡くなってしまった場合には、ネット定期のお金は遺産の一部となって相続人に相続をすることになります。

もしネット定期を利用している人が亡くなってしまった場合には、直ちにネットバンクの方と連絡をとるようにしておきましょう。カスタマーサービスの方に連絡をします。そして遺産相続の手続きについての指示を仰ぐようにします。もし遺言があったり、遺産分割協議書がある、さらには遺言執行人がすでに選定されている場合にはその旨もカスタマーサービスの方に伝えておくようにしましょう。手続きが一般の遺産相続と変わってくることがあるからです。

ただしネット定期の場合には注意すべき点もあります。それはネット銀行というのはあくまでもパソコンの中だけで手続きをします。よって一般的な銀行で見られるような、預金通帳があったり証書があったりということがありません。ですから注意深く観察をしていないと、ネットバンクのお金を見過ごしてしまう恐れがあります。

もしネット定期など、ネットバンクを利用している場合には家族の人に対してその旨を説明しておくといいでしょう。そうしておくと自分の身に何かあった場合にも遺産相続の漏れを引き起こすことがなくなるからです。具体的な額と預金をしているネットバンクの名前だけは教えておきましょう。