生活用口座として活用

ネット銀行のメリットである手数料の安さや、利便性を活かして、給料の
振込用口座や引き落とし、更に振込専用口座として活用するのも、便利で
お得です。


ネット銀行の場合は給与の振込口座として設定することで、振込手数料の
無料優遇サービスの回数に特典が付くこともあります。

他にも他行からの振込時に、ポイントが付いてキャッシュバックが得られ
るサービスもあり、オークションに出品されて入金が期待でる方や、給与
振込用に口座開設されている方には、お得感の高い嬉しいサービスです。


給与口座と各種支払い、振込、貯蓄と、すべて同じ口座でまとめてみえる
方もいらっしゃいますが、ネット銀行を選ぶ際はそれぞれを分けて考えた
方がベターな場合も少なくありません。

ネット銀行の中には、同じ口座内で目的別口座を設定できる便利な機能を
提供している銀行口座もありますが、このような口座は極一部ですので、
基本的には意識的に分ける必要があります。


まず生活用口座としてネット銀行を選ぶ場合、一番大切になってくる要素
は、「手数料」と「利便性」です。


あくまで支払いや給与を受け取るだけなので、金利はあまり重視せずに、
振込やATMの手数料、そして普段利用できるATMが近くにあるかどうかとい
う点を最重視します。

支払いの引き落としや振込の時に忘れていた場合などで、口座内の残高が
不足することもあると思いますが、ネット銀行なら24時間、入出金に対応
しているので、夜中でも現金を入金することができます。

また提携クレジットカードのキャッシングでは、銀行口座への即時振込や
代行振込も行えるため、すぐに現金を用意できない時には大変便利な場合
もあります。


ネット銀行でATMを利用する場合は、手数料が無料の場合と、時間帯別に
手数料が必要な場合とがありますので、使えるATMの確認と共に、時間帯
での手数料もチェックしておきましょう。

また外出や旅行先でATMを利用する際は、コンビニATMよりも、ゆうちょ
銀行ATMが利用できるかどうかが大事です。

コンビニには地域性がありますが、ゆうちょ銀行ATMの場合は、ほぼ全国
で利用することができるので、利便性が高い場合が多いです。


生活用口座は基本的に貯蓄や資産運用口座と分けるだけでも、資金を有効
に管理できるようになります。

目的別口座を設定できる住信SBIネット銀行を活用するのも良いですし、
それぞれ別銀行で管理するのも良い手段でしょう。