事業用口座として活用

個人事業などをふくめて、法人の方にとってもネット銀行を利用すること
は、メリットが大きいのでオススメです。

法人の場合は給与振込や融資などで、一般銀行のお世話になるメリットが
大きく、あまりネット銀行を使われていない場合もあります。


しかし取引先企業への振込や顧客への入金サービス、従業員やアルバイト
への給与振込に、ネット銀行のメリットを活用される企業は年々増え続け
ています。

入金サービスの点では、WEB上やメール上から、ロゴやURLをクリックする
だけで、自社口座への振込画面が開くネット決済サービスもありますので、
顧客が振込先を入力する手間を省くことができるケースもあります。

WEB上でネットショップを運営されている方や、顧客への請求をメール等で
行う場合には、便利なサービスです。


給与振込には振込先の登録を行うことで、毎月金額と日付を指定するだけ
で可能になります。

ジャパンネット銀行なら、最大999件まで設定が可能なので、事業を営まれ
ている方には大変便利です。

またジャパンネット銀行法人口座の場合は、口座を最大で20口座まで開設
することができるので、支店ごとや運営ショップごとに管理を分けること
も可能です。

決済用預金として活用する場合は金利が付きませんが、その代わりにペイ
オフ解禁後も資金が全額保護されるので、多額の資金を運用する場合でも
安心して預けることができます。


ネット銀行を利用するメリットは、口座内を管理するとともに、手数料の
安さも魅力です。

多数の振込を行う場合でも、個人口座と同じ条件の手数料なので、ジャパ
ンネット銀行の場合は同行同士で1件52円、他行宛振込の場合も1件あたり
168〜262円と、かなり有利な手数料になっています。


個人事業でも屋号での登録が可能なので、ネット銀行を利用するメリット
を確認してみましょう。