ATM手数料、提携先で比較

ネット銀行を選ぶ際、ATM利用での手数料や提携ATM数の多さも、生活用の
口座における利便性を考えると重要ですね。


ネット銀行の多くはコンビニATMや、ゆうちょ銀行ATMが利用できますが、
時間帯によって入出金時に利用料がかかる場合があります。

ATMでの入出金が頻繁になる場合は、近くに利用できるATMがあるかどうか
も含めて、手数料や無料回数の条件等を確認しておきましょう。


ここでは提携ATM数と手数料のバランスから、有利だと思われるオススメの
ネット銀行を紹介しています。

提携ATMの時間帯による手数料の詳細などは、各ネット銀行のWEBサイトや
提携先ATMのWEBサイト等から最終確認してください。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は利用できるATMに都市銀行がない以外には大くのコンビニATMで使用できる上、毎月合計で5回まで無料になります。セブン銀行ATMに関しては時間外や回数に関係なく無料なのでお得です。

新生銀行
新生銀行 新生銀行

新生銀行は自社のATMに加えて、提携するATMの使用料がいつでも無料になっています。E-netも使えるので広くコンビニATMで使えます。ATMの利用料は無料とキャッシュバックによる実質無料の形を取っています。

それぞれの大手コンビニのATM対応は以下の通りです。

[セブンイレブン]・・・・・・セブン銀行ATM
[ローソン]・・・・・ローソンATM
[am/pm]・・・・・@B∧NK
[ファミリーマート]・・・・・E-net
[ミニストップ]・・・・・E-net
[サークルKサンクス]・・・・・ゼロバンク、バンクタイム、E-netのいずれか

各ネット銀行が利用可能なATMと手数料条件について一覧にまとめました。
表内の詳細については下記項目を記入しています。

[郵貯]・・・・郵便局、ゆうちょ銀行ATM
[都市]・・・・都市銀行ATM
[無料]・・・・条件なしの無料で入金・出金が可能
[不可]・・・・利用が出来ない、またはATMを持っていない
[条件]・・・・利用可能、一部利用可能または、手数料・時間帯手数料が必要

[無料]や[条件]には出金のみに対応している場合もあるので、
振込みが可能かどうかも含めて詳細を確認して下さい。
見やすい様に使える[無料][条件]は赤く表示しています。

対応ATM一覧(2008年08月 現在)
銀行名 同行ATM 郵貯 セブン銀行 E-net ローソン @B∧NK 都市
住信SBIネット銀行 不可 条件 無料 条件 条件 不可 不可
イーバンク銀行 不可 条件 条件 不可 不可 不可 不可
ジャパンネット銀行 不可 条件 条件 条件 不可 条件 条件
新生銀行 無料 無料 無料 不可 不可 不可 無料
スルガ銀行
ネットバンク支店
条件 条件 条件 条件 条件 不可 条件
楽天バンク@TTB 条件 条件 条件 不可 不可 不可 条件