法人口座で比較

ネット銀行の法人口座は、個人口座と別の手数料体系になっており、振込
やATM利用時などの手数料、対応ATM、振込機能の種類など、チェックする
ポイントがたくさんあります。

特に振込手数料については、一般銀行の振込手数料に比べ、大きなコスト
がかからないのでオススメです。


ここでは法人口座でオススメのネット銀行を紹介すると共に、各条件別で
考慮したネット銀行のサービスを表にまとめましたので、参考にしてくだ
さい。

ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の法人口座は一括振込みや決済用口座、高いセキュリティ、複数口座を管理する事も可能など高い利便性を持っています。手数料も個人口座同様にATM手数料が高めに設定されています。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の法人口座は振込み手数料が他行宛で1件160 円(3万円未満)、1件250 円(3万円以上)なので、法人口座としては割安なのが魅力です。振込手数料の安さと金利の高さを活かしたい所です。

法人口座対応ネット銀行(2008年08月 現在)
銀行名 法人口座 決済用口座 月額費用 定期預金
住信SBIネット銀行 有り 無し 無料 有り
イーバンク銀行 有り 無し 無料 無し
ジャパンネット銀行 有り 有り 189円/月 有り
新生銀行 無し - - -
スルガ銀行
ネットバンク支店
無し - - -
楽天バンク@TTB 条件 無し 無し 無し

楽天バンクは楽天市場に出店されている個人事業主の方限定で
法人口座を持つ事が出来ます。

決済用口座は1,000万円以上を扱う場合でも、
預金保護の対象になり、全額保証されるのがメリットです。
多額の現金を扱う場合には便利な口座です。

以降は法人口座を扱うネット銀行に限定して、振込み手数料や
振り込みサービス、ATMについて表にまとめています。


振込手数料・サービス(2008年08月 現在)
銀行名 同行宛て 他行
3万円未満
他行
3万円以上
振込限度額
住信SBIネット銀行 50円 160 円 250円 1,000万円
イーバンク銀行 0円/50円 160円/250円 160円/250円 3,000万円
ジャパンネット銀行 52円 168円 262円 1億円

イーバンク銀行の法人口座には「個人事業主口座」と「法人口座」があり、
それぞれ手数料にも差があります。

ジャパンネット銀行は営業性個人の場合は1,000万円までとなりますが、
トークンの利用により上限を上げる事も可能です。


振込み・独自サービス(2008年08月 現在)
銀行名 振込予約 一括振込み 自動振込 サービス
住信SBIネット銀行 有り 登録100件
振込10件
有り 無し
イーバンク銀行 有り 振込30件 有り メルマネ
WEB-FB
ジャパンネット銀行 有り 登録999件
振込20件
無し JNB-J振

法人口座の振込み予約については「振込先登録件数」と
一度に入力できる「一括振込み件数」があり、各ネット銀行で違います。
振込み自体は1日で何度でも可能です。

自動振込みは毎月決まった定額の振り込みについて、
自動で振込みを行ってくれるサービスです。

各ネット銀行の送金・決済サービスの詳細については、
手数料が必要な場合もあるので、それぞれのHPでご確認下さい。