ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行ってどんなネットバンク?

ジャパンネット銀行はネットバンクの中でも知名度は
もっとも高くなっているのでは無いでしょうか?

さて、では内容はどうなのでしょうか?

法人口座、個人口座でも手数料体系に差は無く、ネットバンクの
有利な点である金利手数料が高く設定されているのはもちろんな
のですが、同銀行間の振込み手数料は完全無料というわけではな
く、一律52円かかります。

他行への振込も、振込金額が3万円未満の場合は168円。振込金額
が3万円以上の場合は262円かかります。

一般銀行に比べれば、遥かにお得な振込手数料なのですが、他の
ネット専業バンクと比較すると、若干高めの設定になっています。

法人の場合などで振込金額も多く、ジャパンネット銀行を利用し
ている取引先が多い場合などは、同銀行間の振込手数料が52円で
済むのはかなり助かりますので、このようなケースの場合は強く
オススメです。

ジャパンネット銀行のサービスについて

主によく使われている便利なサービスとしては、
公共料金、電話代、電気代からプロバイダ料金などを
自動口座振替として使います。

ネットバンクでよく活用されるネットショッピングでは
ネットデビットや、ezp@y(イージーペイ)、JNB-J振を
活用することでカンタンに行えます。

サービスが利用できる企業一覧は、ジャパンネット銀行のWEB
サイトで確認してください。

>> ジャパンネット銀行の公式ホームページはこちら

ヤフーオークションで便利!

ジャパンネット銀行はYahoo!Japanとも提携していることから
ヤフーオークションでの支払い請求がとてもラクです。

また出品・落札した商品の決済状況を一元管理することができ、
決済ごとに「ワンタイム口座」という、Yahoo!ネットバンキング
決済連携サービス専用の口座で代金の受取ができるので、相手に
普通預金口座番号を知らせずに代金の請求ができるので安心です。

Yahoo!ネットバンキング決済連携サービスは利用登録することで、
口座維持手数料を無料にすることが出来るのでオススメです。

ジャパンネット銀行のキャッシュカード

ジャパンネット銀行のキャッシュカードは、口座開設時の初回は
発行手数料がかからず無料です。

再発行時には、手数料がかかります。(1,050円)

ジャパンネット銀行のセキュリティ対策は、独自のトークンをよ
るワンタイムパスワードにより、スパイウェアやフィッシングに
よる暗証番号の盗難に対応しています。

これは60秒毎にパスワードが切り替わるため、不正使用されにく
いと言えるでしょう。

トークンはパソコンなどに接続して通信するものではなく、独立
してパスワードを自動発行していますから、スパイウェアの感染
もありません。

ジャパンネット銀行側は、時間毎に切り替わるパスワードを同じ
プログラムによって認識することによって、ログインできる仕組
になっています。

またトークン以外にも、

○メール通知サービス(my m@il)
○振込・送金限度額の引き下げ
○振込ロック機能
○携帯電話による振込・送金限度額の即時ロックと即時変更
○パソコンによるネットデビットの利用限度額の即時引き上げ停止

等々、不正使用対策も充実しています。

またジャパンネット銀行の補償制度については、キャッシュカード
盗難保険や預金口座不正使用保険も付いていて、保険料はかかりません。

気になる補償内容は・・・


■キャッシュカード盗難被害補償額
発行したキャッシュカードが対象となり、補償限度額は50万円

■預金口座不正使用保険
年間300万円を限度として、被害額を補償


ジャパンネット銀行の最大のメリットは、その金利や手数料など
はもちろんですが、法人口座にあると思います。

法人口座のサービスは多岐に渡っていますので、ジャパンネット
銀行のWEBサイトで確認してみてください。

>> ジャパンネット銀行の公式ホームページはこちら