基本現金、ネットはプリペイド式電子マネー

"近年はクレジットカードやプリペイド式のカード、電子マネーなどの種類も数多くあって、使うものをある程度絞っておかないとややこしくなる事もあります。

普段の買い物は現金払いであることがほとんどですが、採譜の中の現金は最低3000円とし、不足するとコンビニ系の銀行から1万円ほどを下ろすようにしています。

それでも急な出費があるかも分からないので、クレジットカードは一応財布にはしのばせていますが、電化製品などの高額な買い物をした時など、分割に使う程度です。
又、ネットでも買い物をすることがありますが、情報流出や詐欺まがいな話しも聞く事などからクレジットカードを使うことはなく、ポイント利用かネット銀行からの振込み、使い切りのVプリカなどを利用しています。

電子マネーとなると、色々ありすぎて使い分けるのも面倒であり、コンビにも余り利用することがないので普段は余り使う事はありません。
それでもネットでの支払いの関係などから、前払いのプリペイド式のVプリカや、コンビで購入できるアマゾンギフトカード、楽天ポイントギフトカードを使い、不足分のポイントへのチャージなど使う程度で、利用頻度は余り多いとはいえません。

基本的には、クレジットカードはライフスタイルにあったもの1,2枚とし、普段は現金をつかい、予備としてプリペイドカード、コンビニで下ろせる銀行のカードを入れておく程度にしておけば普段の生活には事欠くことはないとおもいます。

電子マネーももうすこし使い勝手がよくなれば、利用頻度も上がるのかもしれません。


"